プロフィール

ひゃっぺん舎

Author:ひゃっぺん舎
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

読書会 <滋賀>ひゃっぺん舎
このブログでは、活動日のご案内を行っております。
第19回 滋賀読書会『じゃっぺん舎』 開催報告
第19回 滋賀 読書会 「ひゃっぺん舎」 を下記のとおり開催しました。

日時   : 7月3日(日) 午後4時~
場所   : 草津「ひらがき」書店のカフェにて
課題本 : 「大いなる助走」 筒井康隆 著

筒井氏の作品の中でも、前評判で愚作と言われた本でしたが
読書会の蓋を開けてみると、それぞれの方が思い思いの感想を述べて、
結構、盛り上がり、楽しいj間を過ごさせてもらいました。

本当に読書会を重ねるたびに感じることは
他人の「思い」や「感じ方」は様々であると痛感します。

次回の課題本は

「さよなら妖精」 米澤 穂信 著

です。

読書会参加ご希望の方は、「ひゃっぺん舎」HPより会員登録してください。




第18回 滋賀読書会『じゃっぺん舎』 開催報告
第18回 滋賀読書会『じゃっぺん舎』 の読書会を開催しました。

4月17日(日) 16時~18時 課題本 『箱男』 安部公房著

予想通り難しい課題本でした。

ピカソとムンクからこの本の感想を聞きたいほど

凡人に理解しがたい抽象画のような改題本でした。


次回の読書会開催予定

  7月3日(日) 16時~18時 

  改題本 筒井康隆 「大いなる助走」

新しく参加ご希望の方は、滋賀読書会『ひゃっぺん舎』 HP から

http://www.eonet.ne.jp/~hyappensya/

まず、入会手続きをお願いします。



第17回 滋賀読書会 「ひゃっぺん舎」開催の報告
滋賀読書会「ひゃっぺん舎」の読書会も
2ヶ月に1回というコンスタントなペースで4年目に突入しました。

自分の読みたい本は、しっかりと時間を確保しつつ
課題本という、なかなか自分では選択しない本も間に読んでいくことは
いろんなものの幅を広げていくような気がします。

また、読書好きの仲間と語り合う喜びも、
会を重ねるたびに継続してよかったと実感しています。

さて、第17回読書会は、草津Aスクエア「ひらがき」さんで開催しました。
「有難うございました」
hhh.jpg
課題本は、 「ねぼけ人生」 水木 しげる 著 でした。

次回読書会は、下記の予定で進めております。
新しく参加ご希望の方は、滋賀読書会「ひゃっぺん舎」HP
http://www.eonet.ne.jp/~hyappensya/
から、先ずは入会登録をしてください。

日 時 平成28年4月17日 
場 所 草津駅周辺
課題本 「箱男」 安部 公房 
第17回 読書会 開催のお知らせ
<<滋賀 読書会 「ひゃっぺん舎」 読書会開催のお知らせ>>

平成28年最初の読書会を下記の日程で開催します。   

   課題本 : 水木しげる 「ねぼけ人生」
   日時   : 2月13日 午後4時30分 
   場所   : 草津Aスクエア 本屋「ひらがき」内 カフェ
   (OFF会は、終了後6時30分 から)

お蔭様で読書好きの読書会仲間がずいぶんと多く会員となっていただいています。
詳細についてはHP http://www.eonet.ne.jp/~hyappensya/ をご覧頂き
参加ご希望の方は、会員登録を済ませてください。

第16回読書会の報告
<<文学散歩の報告>>

11月14日 年に一度の読書散歩を開催しました。

課題本 「火天の城」 山本 兼一著

本当は、安土山の登って信長の足跡を実感したかったのですが

大雨のため安土城址まで登るのは断念しました。

その代わり「安土城郭資料館」「信長の館」「安土城考古学博物館」を訪れました。

「火天の城」を完読してから歴史に触れると、タイムスリップした感覚に引き込まれました。

次回、読書会は2月の予定です。

課題本は、『水木しげる』 追悼記念ということで 『ねぼけ人生』 に決定しました。

参加ご希望の方は、滋賀読書会 『ひゃっぺん舎』 HPより会員登録をしてください。