FC2ブログ
プロフィール

ひゃっぺん舎

Author:ひゃっぺん舎
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

読書会 <滋賀>ひゃっぺん舎
このブログでは、活動日のご案内を行っております。
<<延期が続いている「読書会」からのメッセージ>>
新型コロナウィルスの影響で

令和2年3月28日(土)に予定していた第39回読書会(課題本 : 「春にして君を離れ」 アガサ・クリスティー 著)

も延期の状態が続いています。

さて、緊急事態宣言で多くの方が、自宅で過ごされていると思います。

暇を持て余して何をしようか困っておられる方も多いのではないでしょうか??

私は、おかげさまで、しなければならないことが多くてメモに書きあげています。

そして、完了した順番から一個ずつ消去していっている状況ですが。

そんな合間をくぐって読書を楽しんでいます。


私は読書って、登山のようなものだと思っているのです。

一歩ずつ体力を使いながら頂上を目指すように

体力は使いませんが、読書も1ページずつ1ページずつ、読了まで読んでいくものです。

ですから、本当の読書愛好家以外の方は、そのしんどさについついおっくうになりがちです。

でも、登山は、登頂した時に頂上からの素晴らしい景色を与えてくれます。

たまに、霧に包まれ何も見えないときもありますが・・・

読書もよく似ています。

私も以前は、仕事の本や啓発本ばかり読んでいましたが

小説を読むようになってから気づいたことは、

感動はもちろんですが、疑問や指針や考え方や人とのかかわり方や多くのものを与えてくれることです。

そのおかげで、少し、考え方ら人生観にも変化があったように思います。

新しい、気持ちの良いそよ風のようなものが、自分の中を通り抜けていくような感じです。

人それぞれの読み方がありますが、「本」に縁遠かったった人も

この機会に読んでみてはいかがでしょうか。


そして、本の良さに気づかれた方は

1冊の本をみんなはどんな感想を持っているのか「読書会」で語らえるのもいいのではないでしょうか。

長い人生の中で2か月の一度会って1冊の本を語り合う異世界の一場面もあってもいいのではないでしょうか。

いつか、お会いしましょう。






スポンサーサイト