プロフィール

ひゃっぺん舎

Author:ひゃっぺん舎
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

読書会 <滋賀>ひゃっぺん舎
このブログでは、活動日のご案内を行っております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第24回 滋賀読書会『じゃっぺん舎』 の報告 と 第25回読書会の予定
梅雨入り後も、からっとした良い天気が続いていましたが

ついに本格的な梅雨に入ったようですね。

梅雨は、何がイヤッて「ムカデ」が嫌ですね。

真っ赤な頭で、体が真っ黒で・・・

私は、怖いもものはあまりないのですが

足のないものと足の多いものは苦手ですね。

皆さんはどうでしょうか?


さて、6月17日に第24回『ひゃっぺん舎』の読書会を開催しました。

キャッチャー・イン・ザ・ライ の感想に関しては、

興味深く読まれた方とそうでない方と別れました。

私も課題本として提案がなければ厳しい本の部類でした。

でも、他人によって受け方は色々ですね。

その際に皆さんか読まれた推薦本として、下記のような本が上がりました。

        「こちらあみ子」 今村夏子
       「祐介」尾崎 世界観
        「大世界史 現代を生きぬく最強の教科書」池上 彰,佐藤 優
        「子どもの疑問」野矢 茂樹 (編)
       「コンビニ人間」村田 沙耶香
       「個人はみな絶滅危惧種という存在」舟越桂
       「ジブリの哲学」鈴木 敏夫
       「青年」森鴎外
   「はてしない物語」ミヒャエル・エンデ
   「モモ」ミヒャエル・エンデ
       「海市」福永武彦

などでした・・・皆さんの読書ライフの参考にしてください。

では、次回の第25回読書会「ひゃっぺん舎」は下記のようにします。

  課題本 「モモ」ミヒャエル・エンデ 
  日程   9月2日(土) 16時~  (OFF会 18時~ )

と決まりました。

新しく参加を希望される方は、「ひゃっぺん舎HP」より会員登録をしてください。
http://www.eonet.ne.jp/~hyappensya/


スポンサーサイト
<<第24回 読書会>>
滋賀読書会「ひゃっぺん舎」<<第24回 読書会>>のお知らせ

皆様、こんばんわ。

暑いのか、涼しいのか・・・今年は、猛暑と言われていますが

まだその気配がないようですね。

さて、下記の日程で<<第24回 読書会>>を開催いたします。 


  時期 : 6月17日(土)午後4時~  

  場所 : 草津Aスクエア「ひらがき」本屋のカフェ 

  課題本: 課題本 村上春樹 訳 「キャッチャー・イン・ザ・ライ」

参加ご希望の方は、下記のひゃっぺん舎HPで

まずは会員登録をお願いいたします

http://www.eonet.ne.jp/~hyappensya/

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 滋賀 読書会『 ひゃっぺん舎 』

 代表 北田 茂樹

 520-3305
 滋賀県甲賀市甲南町野川775

 s-kitada@ares.eonet.ne.jp

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

第23回 滋賀読書会『じゃっぺん舎』 の報告 と 次回の予定
4月15日(土)草津「ひらがき」のカフェで

第23回「ひゃっぺん舎 読書会」を開催しました。

課題本は、「沈黙」 遠藤周作 でした。

宗教観を色濃く描いている小説ではなく、

逆に触れていない余白の部分が多いことから

それぞれの方が、いろんな思いをはせることができる本でした。


次回読書会は、 

<<第24回 読書会>>

  時期 : 6月17日(土)午後4時~  の予定です。

  場所 : 草津Aスクエア「ひらがき」本屋のカフェ 

  課題本: 課題本 村上春樹 訳 「キャッチャー・イン・ザ・ライ」


読書会に参加された方たちの中で「おすすめ本」を紹介いただいたものをお知らせします。

 「人生論ノート」    三木 清

 「文学解説 ワンダーラ」 

 「トランプ王国」  金城 隆一

 「国家と私の行方」 松岡 正剛

 「職業としての学問」 マックスウェーバー

 「宇宙は本当に一つなのか」 村山 斉

 「書斎の鍵」  喜多川 泰

気になる本があれば、是非とも手に取ってください。

では、次回お出会いできるのを楽しみにしています。

新規に参加を希望される方は『ひゃっぺん舎』HPから会員登録をお願いします。

http://www.eonet.ne.jp/~hyappensya/





第23回 滋賀読書会『じゃっぺん舎』 開催予定
滋賀 読書会 「ひゃっぺん舎」

まだまだ、寒い日が続いていますが、春はもうすくそばに来ています。

待ち遠しいですね!

私の友達の北原千代さんが、昨日、詩壇の芥川賞と言える「第67回のH氏賞」を受賞しました。

「自分の友達が・・・」と思うと自分のことのように喜んでいます。

さて、第23回目の読書会予定をお知らせします。

<<第23回 読書会>>

  時期 : 4月15日(土)午後4時~  

  場所 : 草津Aスクエア「ひらがき」本屋のカフェ 

  課題本: 課題本 遠藤周作 著 「沈黙」

いつものように6時からは、OFF会も開催します。

初めて参加ご希望の方は「ひゃっぺん舎」HPで会員登録をしてください。
第22回 滋賀読書会『じゃっぺん舎』 の報告
2月11日(土)に草津「ひらがき」のカフェで

第22回「ひゃっぺん舎 読書会」を開催しました。

平成24年の夏から準備して、

その年の12月に第一回「ハーモニー」の課題本でを開催してから

あっという間に5年目に入りました。

会員の皆様のご自分の読書ライフにあまり影響しないように

ほぼ、2か月に1回のペースで開催しています

今回の 課題本は、森 絵都 「みかづき」

前回の 大江健三郎 「個人的な体験」 とは違い

教育(塾)をテーマとした、とても読みやすい小説で

それぞれれの思いや考えが皆さんの引き出しからたくさん出てきました。

さて、次回読書会は、4月の予定で

課題本は映画化された 遠藤周作の 「沈黙」  です。

ご都合のつきそうな方は、完読しておいてください。

また、初めての参加ご希望の方は「ひゃっぺん舎」HPで会員登録をしてください。

http://www.eonet.ne.jp/~hyappensya/


読書会に参加された方たちの中で「おすすめ本」を紹介いただいたものがあるのでお知らせします。

「外套・鼻」    ゴーゴリ

「風と共に去りぬ」 マーガレット・ミッチェル

「中東・エネルギー・地政学」  寺島 実郎

「戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗」 加藤 陽子

「数学入門〈上・下〉」 遠山 啓

「お稲荷さんと霊能者 伏見稲荷の謎を解く」 内藤 憲吾

「小商いのすすめ 「経済成長」から「縮小均衡」の時代へ」 平川 克美

「rear leader」   JAMG JIN

「世界収集家」 イリヤ トロヤノフ、

「麗しき花実」 乙川優三郎

「おもかげ復元師」  笹原留似子

皆さん、変化に富んでるでしょう!!

気になる本があれば、是非とも手に取ってください。

詳しい日程が決まれば、お知らせします。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。